2016年07月27日

JazzInTheater&Bar Vol.19 碓井雅史カルテット 第二部完売のお知らせ

8/5に行われる「JazzInTheater&Bar Vol.19 碓井雅史カルテット」につきまして、
好評により、第二部のチケットは完売致しました。

第一部はまだ空きがございますので、奮ってご参加くださいませ!
posted by emerald at 11:45| 日記

2016年07月10日

7月29日「谷本賢一郎とキッズコンサート」共演追加のお知らせ

7月29日「谷本賢一郎とキッズコンサート」のワークショップA経験者にご応募いただきました皆様へ

共演曲が追加になりました。
楽譜はこちらからダウンロードできます。練習してきてね!
タイトル/表紙の向こうはワンダーランド
表紙の向こう ユーフォニアム.pdf
表紙の向こう フレンチホルン.pdf
表紙の向こう トロンボーン.pdf
表紙の向こう チューバ.pdf
表紙の向こう トランペット.pdf
表紙の向こう アルトホルン.pdf

みんなの演奏楽しみにしています!
posted by emerald at 19:45| 公演のご案内

2016年06月24日

ピアノのCD録音ワークショップ開催のお知らせ

名古屋芸術大学・碧南市芸術文化ホール共催 「トーンマイスターワークショップ 2016 」

2016年7月3日(日) 「トーンマイスターワークショップ 2016」を開催いたします。

碧南市芸術文化ホール、特にエメラルドホールは演奏家の方々の評価も高く、
音楽専用ホールとしてこれまでに国内外をはじめとした
様々なアーティストが舞台に立ち、演奏と重ねてきました。
また、会場の条件が録音会場として、好条件を満たしており、
著名な演奏家、オーケストラのほか、コンクール用音源のレコーディングも行われております。

近年では演奏の録音音源の提出を求めるコンクールもあり、
エメラルドホールで録音される方も増えてきました。

このような現状を踏まえて、施設利用者や演奏者、コンクール参加者のみなさまに
録音に関する知識を得ていただき、今後の参考にしていただきたいと思い、
名古屋芸術大学サウンドメディアコースと共催し、
演奏録音に関するワークショプを開催する運びとなりました。

名古屋芸術大学サウンドメディアコースは、「音楽制作」「録音」「音響」 の 3つの分野を柱とし、
クリエーターやエンジニアの育成をしていますが、録音教育の分野では
ドイツの音楽大学で長年行なわれているトーンマイスター育成の教育プログラムに着目し、
2007年よりこれまで4回にわたり、ドイツ・ベルリンからトーンマイスターを招き、
本来ベールにつつまれていることがほとんどであるクラシック音楽の録音の
実際についてを学ぶワークショップを行ってきました。

5回目となる今回のワークショップにおいてもドイツ・ベルリンより、
エバハート・ヒンツ氏 (Dipl.-Tonmeister Eberhard Hinz)を
特別客員教授として招聘し、素晴らしいアコースティックを持つ碧南エメラルドホールにて、
ピアノのセッション録音をテーマとし公開講座として開催していただきます。

本ワークショップは本学学生が受講する講座ですが、
録音関係の業務に従事している方や、それらを目指す方、録音作業や録音に興味のある方、
また演奏者の方にもご参加いただくことができるように公開講座といたしました。

有償となりますが参加ご希望の方は、以下の手順で、6 月29日までにお申し込みください。
定員になり次第、受付を終了させて頂きます。

名古屋芸術大学 音楽学部 サウンドメディアコース 特別客員教授

トーンマイスター エバハート・ヒンツ
Dipl.-Tonmeister, Guest Prof. Eberhard Hinz  
EberhardHinz.jpg
1949年ドイツ生まれ。1965年-1970年 ライプツィヒ音楽大学にてヴァイオリンを専攻し、1970年-1975年 ベルリン音楽大学でトーンマイスターを専攻、卒業後 ドイツ・シャルプラッテン・ベルリン VEB Deutsche Schallplatten Berlin (ETERNA)にて数々の録音を担当。現在までにシュターツカペレ・ベルリン、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ベルリン放送交響楽団などの著名なオーケストラや、ソロアーティストの録音を担当。現在はフリーのトーンマイスターとしてベルリンを中心に活動し、ヨーロッパ各地で高い評価を得ている。


通訳・トーンマイスター アキ•マトゥッシュ
Dipl.-Tonmeister Aki Matusch
AkiMatusch.jpg
2011年ベルリン芸術大学にてディプロム・トーンマイスターを取得。トーンマイスターとして各種レーベルの原盤制作や放送中継の分野を中心としながら主にベルリンで活動している。


ピアノ 戸田 恵
MegumiToda.jpg
4歳よりピアノを始める。兵庫県立西宮高等学校音楽科卒業後、渡仏。2012年6月、パリ国立高等音楽院ピアノ科併せて室内楽科、パリ・エコールノルマル音楽院卒業。2015年3月、名古屋芸術大学大学院音楽研究科卒業。2007年、第9回イル・ド・フランス国際ピアノコンクール第3位。 2011年7月、ブルガリア国立ソフィアフィル交響楽団のワークショップに参加、最優秀アーティストに選出される。2012年11月、ブルガリア・ソフィアにて、ブルガリア国立ソフィアフィル交響楽団定期演奏会にソリストとして招 待され、共演。 2013年、第10回シャトゥー国際ピアノコンクール(仏)第2位、併せて武満作品の演奏に対し日仏友好賞受賞。など、国内外で多数受賞。
Official Web

名古屋芸術大学・碧南市芸術文化ホール共催 「トーンマイスターワークショップ 2016 」

日 時     2016年 7月 3 日(日) 10:00-18:00

場 所     愛知県碧南市 碧南エメラルドホール
        〒447-0057 愛知県碧南市鶴見町1丁目70−1 TEL 0566-48-3731

内 容     ピアノのCDプロダクション

対 象     録音関係の業務に従事している方やそれらを目指す方、
        録音作業や録音に興味のある方、演奏者の方

受講料     5,000 円

定 員     30名 定員になり次第、受付を終了させて頂きます。

申 込      参加をご希望されます方は 6 月 24 日までにメールフォームより
        事前申し込みをください。参加費は当日現金をご持参ください。
  
概 要    ・セッションレコーディングの方法とその哲学
       ・録音事例の紹介
       ・マイキングと機材について  無指向性 A-B Stereoと XY・MS・ORTFの違いについて
       ・セッションレコーディングとディレクションについて
       ・実際のセッションレコーディング
       ・エディティング、マスタリングについて
       ・まとめと質疑応答
      
機材協力   RME 株式会社シンタックスジャパン DPA Microphones ヒビノ株式会社

お問合わせ  名古屋芸術大学 音楽文化創造学科 サウンド・メディアコース

Tonmeister トーンマイスターとは
トーンマイスターは、1949年よりドイツの音楽大学ではじまった、録音・音響技術と音楽的知識とセンスをもった、「音に関するマスター = Tonmeister トーン マイスター」を養成するトーンマイスターコースを修めた、音楽プロデューサー・ディレクター、バランスエンジニアの総称である。その教育は、音楽収録や中継において、「より芸術的な音楽の伝達」を行うために、録音・音響技術のみではなく、音楽の演奏や音楽理論を始め、管弦楽法、総譜演奏、演奏解釈批評など、演奏家と同等以上のスキルを身につける内容で、音楽収録・中継現場でのリーダーでありながら音楽家のパートナーとなるスペシャリストを養成することを目的としている。現在ドイツでは、ベルリン芸術大学とデトモルト音楽大学にトーンマイスターコースがあり、また、その他、オーストリア、スイス、イギリス、フランス、オランダ、デンマーク、ポーランドなど欧州の音楽大学でほぼ同様の教育がおこなわれており、欧州の音楽収録や中継の現場では、これらの教育を修めたトーンマイスターが活躍している。 

posted by emerald at 09:56| 公演のご案内